ギターパーツのお求めは当社ギターパーツ専門WEBショップへどうぞ!
プロビジョンポリシー
プロビジョンギターについて皆様からお尋ねいただく疑問やご質問に対しまして、
「プロビジョンポリシー」として私たちの考えや取り組み姿勢を述べさせていただきたいと思います。
   
 ネック周りの重要性
  例えばここに、タイヤがパンクし、サスペンションが壊れ、ブレーキが効かない自動車があるとします。この車をあなたが安全に運転するためには何の修理から始めるでしょうか?タイヤがパンクしたままだと普通に走行することができません。サスペンションが壊れていては真っ直ぐに走ることや曲がることも困難になります。ブレーキが効かなければ止まりたい時に止まることができなくなります。ということは、あなたがこの車を安全に運転するためには同時に全ての修理を行うことが必要不可欠になります。ギターの演奏性を快適な状態へと向上させるためには、自動車の足回りと同じようにネック周りをバランス良く全て調整する必要があります。ネックの反り、フレットの状態、ナット(及びサドルやブリッジ)の調整は、どれか一つが欠けても快適に演奏することができなくなってしまいます。言い換えれば、どれか一つだけを修理しても快適に演奏できる状態には近づけられないということになります。
 COLLABORATION -LIMITED- SERIES / VST-160
  あなたはそのクオリティーをもう体感されましたか?全国的に展開できている訳ではございませんのでお近くで試奏できない方も多いかと思われますが、もし機会がございましたらぜひお確かめください。その際に比較していただきたい一番のポイントは同価格帯、或いは20万円代の輸入ギターとのネックのクオリティーの違いです。通常その価格帯では量産体制にあるため、機械を多用した流れ作業により仕上がりの個体差が激しく、時間を短縮した工程の影響でネック材の充分な狂い出しもできないためにネック反りやフレット浮き等のトラブルが生じやすくなってしまいます。VST-160では当社オーダーメイドギターと同様の工程により製作しておりますので、リーズナブルな価格でありながらもハンドメイドクオリティーは充分にご納得いただけるものと思います。またサウンド面に関しましては各社それぞれに使用するピックアップも異なり志向や方向性による特色の違いもあるため、お客様のご判断にお任せ致します。もしもあなたがこのVST-160を弾いた際に「具体的な」物足りなさや違和感を感じたのならば、その不満感こそがフルオーダーによってのみ解消されていく唯一の道であり、あなたが求めるべき最終目標なのではないでしょうか?プロビジョンの持てる技術を集結したフルオーダーシステムを求めて、試奏された特約ミュージックショップ様へとお気軽にご相談ください。
 大局的な見地からのご提案
  これは特にネック周りから弦のラインでの修理に関することですが、部分的な、または一時的な処置にとどめることを避け、トータル的なバランスを考慮した上で必要な処置を全て行うべきだということです。例えばナット交換をする場合にはフレットやネックの状態がベストなコンディションに保たれていなければ、本来得られるべき効果が得られません。フレットの磨耗や浮きの改善、及びネックの反りを矯正した上でナットを製作する必要があるのです。もしもあなたから予算的な面で部分的な補正のみ行いたいとのご相談を受けたならば、私たちはそれをとり止めることをお勧めし、たとえ先に延ばしたとしてもトータル的な改善を行った方が得策であることをお伝え致します。私たちはお客様のギターを最良の状態にするために、常に全体的な状態を見極めた上でのご提案をさせていただきます。そのことが結果的に、そして長い目で見た上でもお客様の真のご要望にお応えするものだと自負しております。
 修理納期について
  おかげさまで毎月たくさんの本数の修理品を取り扱わせていただいております。これは修理後の仕上がりに対してお客様にご満足をいただいている結果だと確信しております。ただ、納期に関しましては人員等体制的な不備もあり、一部の方々にはご迷惑をお掛け致しておりますし今後改善していく必要のある課題だと心得ております。また、できる限り最善の処置を施し私たちが納得のできる状態に仕上がるまでは、予定納期を過ぎても納品に至れない場合もございます。それは納期を厳守するあまり不完全な状態でお客様へご返却するよりは、納得のいく完全な状態に仕上げてこそお客様の真のご要望にお応えすることができ、より大きなご満足を得られることだと存じているからです。私たちが目指すものはただ数をこなすための修理ではなく、オーダーメイドギターと同じようにより完成度の高い修理技術のご提供です。
 経年変化による反りの矯正
  長い年月を経て生じてしまったネックの反りや、アコースティックギターのボディー等が割れて剥がれた部分のめくれや浮きは、短期間で簡単に直せるものではないと考えてください。アイロンによる熱処理で一時的に矯正することは可能ですが、短期間での無理な矯正は必ずと言ってよいほど、数ヶ月後にはまた元に戻ってしまうといったトラブルが発生してしまいます。せっかく修理をさせていただいたギターに短期間で不都合が生じてしまっては、私たちの技術を疑問視されるだけでなく、なによりご依頼いただいたお客様の信頼を裏切ってしまったことにもなりかねません。楽器が木という「生きもの」で構成されている以上、長い年月を経て生じた変化には、やはり時間をじっくりと掛けて修正していく必要があります。

プロビジョンギター
〒755-0151 山口県宇部市西岐波区宇部臨空頭脳パーク7-1番

TEL : 0836-54-0278 / FAX : 0836-54-0267
E-mail : info@provisionguitar.com
URL : http://www.provisionguitar.com
[ ギター製作/ギター修理/ギターパーツ販売/ギターパーツ専門WEBショップ ]